9/24~25の学習記録

今日、英文の特許を読んでいて、むむっと思ったところがあったのでメモ。

特許の中で出てくる「a number of ~」と「the number of~」についてです。
普通の(特許ではない)英文を訳すときは、
a number of ~ : 多数の~
the number of ~ : ~の数
と訳すと思うのですが、特許の時は要注意です。

特許での冠詞のルールとして、「初出の名詞にはa、既出の名詞にはtheをつける」というのがありますが、このルールを上述のフレーズにも適用するかしないかは、人によって解釈が違うようで統一したルールがないようです。
(英訳の場合は、翻訳会社から指示があるらしいです。)

スポンサーリンク

「~の数」を表す場合、
①初出の場合は「a number of~」、2回目からは「the number of~」
としているときもあれば、
②初出から「the number of~」
にしてある場合もあるようです。

①の場合、「a number of~」と「the number of~」を訳し分けたら、誤訳になるということですね~~

「多数の~」の場合も、
初出の時は、「a number of ~」だから大丈夫だけど、2回目から「the number of ~」になってる場合もあるってことですね。

文脈から判断するしかないということかな。
誤訳しそうで怖いポイントだ~~

★視聴した動画

2018_リーガルマインドの根底にあるもの
2019_CVの見せ方とカスタマイズ
2020_理系の常識は世間の非常識
岡野の化学(112)~(114)
手術シミュレーション用軟質血管モデル(15)~(21)

スポンサーリンク