翻訳調が抜けない

翻訳してて、どうも固くて不自然な訳になるわ~と思うことがあったので、以下の本を読んで学習中です。
翻訳調になりがちな英文をどうやくすかのコツがたくさん書かれています。
文芸翻訳の例文が多いですが、考え方はとっても具体的で役立ちます。
無生物主語とか受動態とか何となく自分の感覚で自然な日本語になるように訳してたんですが、この本にはちゃんと解説が載っているので安心です。
1回さらーっと読んだけど、もう1回じっくり読み直し中です。

スポンサーリンク